まーちゃん日記


by en-tama

<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

肘メール

今夜は深夜になってから肘が痛いですぅ
[PR]
by en-tama | 2008-08-13 01:41

リベンジ富士山!登頂

8月5日朝
ご来光を拝んだ後。5時半すぎに頂上目指してスタート
赤岩八合館さんはとても親切で、身軽にしていけるよう荷物をあずかってくださいました。カッパをきてお水とお菓子とお財布を持って出発!
赤岩八合館は3301メートルにあります
私たちの(正確には私の)足では多分2時間の道程の予定。
ここからは一歩一歩息が切れます。御殿場登山道は空いていて好きなペースで登れますが、とにかく1歩足を前に出せば必ず上にたどり着く。そのことだけを考えながら、前へまた前へ、3歩進んで立ち止まりさらに上へと昇りました。
りゃんちゃんはすごくパワフルでこの道でもベースが早いまま誰より話したり歌ったり!(すっ凄い…)答えたたくても息が続かず声が出ません。
頂上手前では私が1番後ろ。
頂上を目前にりゃんちゃん、ちえちゃん、よっさんはあと数歩をのこし待っていてくれました(ありがとう!)
みんなで一列に手を繋いでゴール\(^O^)/\(^O^)/
頂上の火口を見下ろして「とうとう登れたんだなあ(ほーっ)」まだ息が切れすぎでぼんやりです。
しばらく休んで富士山郵便局へ行くことに
お鉢と呼ばれる火口の淵を西向にまわると富士宮登山道の頂上があり、ここに日本一高い富士山郵便局があります。
これを見た瞬間 頂上に登ったんだなあ~と万感込み上げて涙がこぼれました(∇⌒ヽ)
やったーホントに登ったんだ!富士山頂上なんだ!よくやったなあ!と自分をほめました。
富士山郵便局では登山証明書を売っていて消印して送ってもらうことができます。自分宛に大好きだよ。愛してるよっと書いて送りました(*⌒▽⌒*)宝物♪宝物♪
さすがにお鉢廻り(火口一周)するまでのは行かず、最高地点に立つ富士山測候所を写真に納め下山です。
山小屋で待っている朝食を目指して。
[PR]
by en-tama | 2008-08-12 16:03
e0068792_15185475.jpg

e0068792_15185446.jpg

日の出は4:45
周りのざわめきに起き上がってみると空が明るくなり始めていました。
外にでるとわずかに雨粒が落ちてくるものの、雲はとても薄くなっています。
眼下にはどこまでも広がる雲海。
この山小屋はご来光が望める位置にあります。
山小屋の人が言うには1番左端の雲の切れ間からご来光が昇るとのこと。
少し肌寒い中、外でその時を待ちました。
4:50すぎ 雲を突き抜け太陽が上り坂ました。
あー来たんだなあ富士山に。
そしてその暁光をうけて、真っすぐな虹が顕れました。
あー祝福されているのだなあ
よいことがありそうな兆しだなあ
ゆっくりとしっかりとそのめでたい姿を記憶におさめました。
[PR]
by en-tama | 2008-08-12 15:18
赤岩八合館は評判通り気持ちのよい親切な山小屋までした。
ここは高所にもかかわらず、温かいカレーとご飯が食べ放題!ただし、お残しは許しまへんで~
おふとんも予想よりずっとふかふかでした。
8時には多くの方がもう寝ています。静かにいたしましょう~。
カレーを食べながらここまでたどり着いたお祝いに缶ールで乾杯(( ^^)Y☆Y(^^ )
カレーは大鍋で煮込まれていて具だくさん!おいしかった!!
夜は9時に消灯になるので慌てて食べておふとんへ。
山小屋には50~60人くらい泊まっているらしかった。前日は120か130くらい泊まっていたとか。この日は空いておりました。
入口には炭の入った火鉢みたいなのがあり中が温かく保たろていました。こたつもあったよ!
りゃんちゃんと二人 火鉢で体と湿ったシャツを乾かしながら真っ暗ななか閃く稲妻を眺めました。
蛍光灯って雷に合わせて点いたりするのね。
その晩はずっと雷と稲妻と雨。
そして賑やかな怪獣たち(わたしの仲間かい!!)の吠え声!につつまれて更けていきました……
みなさん 山小屋に泊まるときは耳栓と、吠え声にこころあたりがあるかたは世のため人のため「いびきストッバー」なるものをお持ちになるのをオススメします。くれぐれも…はい
深夜2時半。頂上に向かうか決めるため起きてみると相変わらずの雷雨。ほとんどの人が出掛けず朝を待ったようでした。私たちも朝を待つことにしました(怪獣大戦はつづく…)
[PR]
by en-tama | 2008-08-12 15:01

リベンジ富士山!

8月4日~5日に昨年のリベンジで富士山に登りました。
昨年は9合8尺くらいで雨に風に雷にアラレ
あげくのはてに雪まで降って来て頂上を目前に断念。来年こそはとみんなで誓ってリベンジです。
今回は富士宮口から。去年の須走口より標高にして500メートル近く高い2400メートル付近からのスタートです。
今回のメンバーは4人。
和歌山のよっさん、兵庫のりゃんちゃん、山梨のちえちゃん(今年初登山)、そして私。。みんなBEの仲間です。
14時な富士宮口新5合目に到着。
体馴らしのため1時間位ゆっくり準備などしつつすごしました。
天気は霧&小雨。カッパの上下を来て15時すぎにスタート。
目的地は御殿場登山道8合目‐赤岩八合館。
去年は夜8時からスタートして(!!初心者には無謀過ぎました~)頂上目指すあてのない旅人みたいな登山でした…(×o×)
今年は昼間スタートで目的地があるから気持ちが軽い(*⌒▽⌒*)
1番運動不足のまあちゃん先頭に歩き始めました。気持ちが軽いから去年よりずっと速い!(と言っても普通か少し遅いかも)
張り切って登りました。
7合目くらいからでしょうか…雷がなりはじめました(゜O゜)帽子をとると髪の毛が逆立ち宙に浮きます。
元祖7合目の親父さんがいうには「雷がちかいと静電で髪の毛がたつく。」のだそうです。
ゴロゴロいう雷さんを聞きながら、閃く稲光をみつつ小雨のなか進みました。
3000メート付近からは空気の薄さを特に感じます。耳が変になったり軽い頭痛があったり
まあ大丈夫とひたすら登ります。一歩一歩の足が重くスピードが落ちていきます。
富士宮口8合目の山小屋付近ではもう真っ暗( ̄_ ̄)
ヘッドライトを点けました。
ここから東寄りの御殿場口へ横に移動し、赤岩八合館を目指します。
このころ下界では激しい雷雨にみまわれ、山梨県では広く停電していたそうな。たしかに賑やかな雷と光のショーが繰り広げられていましたよ~(ちょっと怖かった)
横に移動して1時間(歩みがカメ並ですから…)
やっと赤岩八合館到着~
この日最後の到着者となりました。
[PR]
by en-tama | 2008-08-12 14:31

富士山の雪&肘メール

e0068792_19262293.jpg

こんばんは。
富士山に雪が積もっています!夕方から風が急にひんやりしています。
そしてまた肘が痛です。
[PR]
by en-tama | 2008-08-09 19:26